木村正博事務所木村正博事務所

リーダーシップが苦手な「先生と呼ばれる専門職経営者」専門:「コミュニケーション」×「心理学」実践講座

個別サポート(コーチング)の9ステップ(問題解決編)

2016/12/07

コーチングって、具体的にどんなことをするのですか?

「個別サポート(コーチング)って、どんなことをするのですか?」

今までに、コーチングを体験したことがない人にとっては当然の疑問ですね。

コーチである私が、個別サポート(コーチング)の面談時にしていることを
書き出してみました。

この手順を公開してしまうと、個別サポートを受けなくても、
ご自身で問題解決できるようになり、私の仕事がなくなってしまうかもしれませんが、
参考になれば幸いです。

それでも解決できない問題、お悩みがあったら、私に相談してくださいね。

面談時にコーチである私がすること。

1.問題、お悩みは何ですか?

問題、お悩みについて、クライアントに話してもらい、状況を共有します。

クライアントはコーチに説明するために、客観的に状況を観察することになります。
コーチングに慣れてくると、この段階で問題の半分以上が解決してしまうこともあります。

一人でやる場合は、誰かに説明するつもりで文章として書いてみると良いと思います。
「客観視するために文章にする」ことが有効だから書くだけで、
誰かに見せる必要はありません。

問題解決の第一歩は、状況を整理・把握することです。

2.問題が解決したら、どんな良いことがありますか?

その問題が解決したら、お悩みが解消したら、
どんな良いことがあるかを思い描いてもらいます。

問題解決後の状況を想像することは、問題解決に取り組むモチベーションになります。

この段階では、

  • どうやって問題解決をするのか
  • いつ問題が解決するのか
  • 本当に問題解決できるのか

を考える必要はありません。

それを考えるのは、もっと後ろのステップです。

このとき、問題解決後の状況を想像するのにコツがあります。
それは、五感を総動員して想像することです。

詳しいやり方については、別の機会に紹介します。

3.その状況は本当に問題ですか?

ここで改めて、共有した状況が本当に問題なのか? を確認します。

これは、その問題を解決することが、

  • 「今、本当に最優先事項なのか」

を確認することでもあります。

  • 本当は、今、取り組むべき、もっと重要なテーマがあるのではないか?
  • 本当は、そのことを後回しにしてでも、達成したい目標があるのではないか?
    目標達成したら、自ずとその問題は解決するのではないか?
  • そもそも、その問題の根っこは、別のところにあるのではないか?
  • そもそも、その状況は問題ではないのではないか?

ということを吟味します。

4.その状況が問題である理由は何ですか?

前ステップで、その状況を改善することが第一優先であることを確認できました。
そこで改めて、その状況がなぜ問題なのかを話してもらいます。

このとき、

  • 「○○だから、問題なのです。」
  • 「○○だから、△△なのです。」

という言葉が出てきたら、要チェックです。

○○が原因であるかのような表現ですが、その因果関係は本当なのかをチェックする
必要があります。
単なる思い込みであることが多いのです。

○○であることが、問題の原因ではない場合があるのです。
○○であることと、△△とは関係ない場合があるのです。

この件については、別の機会に紹介します。

5.その状況に、むしろ良い面はありますか?

一見、問題であるような状況でも、その中にむしろ良い面が隠れている場合があります。

その良い面を得るために、その状況を作り出しているかもしれないのです。
その良い面を得たいがために、問題である状況を作り出しているということがあるのです。
にわかには、信じられないかもしれませんが、人はそういうことをするのです。

ここで、良い面と問題とを比較して、
問題に目をつむることができるほど、得られる良い面が大きい場合には、
その状況をそのままにしておく、という選択をする場合もあります。

問題は問題として、目をつむることはできないという場合は、
この状況を改善することになります。
このとき、良い面を無視してしまうと、問題解決の心理的障壁になってしまいます。
だって、良い面を手放したくはないですからね。

そこで、この良い面を認識したら、それを他の手段で得る方法を考えていきます。
良い面を得られる他の手段が見つかれば、良い面はその手段で得れば良く、
問題である状況は手放すことができます。

これで、問題解決の準備が完了です。

6.理想の状態はどんなですか?

前ステップで、その状況が本当に問題だということをハッキリさせました。

このステップでは、理想の状況を思い描いてもらい、それを共有します。

Xは嫌だ。といって、Xを消しただけでは理想の状態にはなりません。
Yが良い。と明確にできれば、理想のYを手に入れるのは時間の問題です。

これは、喩えるならば、
「野菜は嫌いだ。」と言うのと
「肉が好きだ。」と言うのとは違うということです。

「野菜が嫌いだ。」と言い続けたら、野菜を食べないで良くなるかもしれませんが、
肉を食べられるようになるとは限りません。
お米や魚ばかり食べることになってしまうかもしれません。

「肉が好きだ。」と言えば、肉を食べられるようになるかもしれません。
「肉が食べたい。」と言えば、もっと早く望みが叶うかもしれませんね。
「肉を食べるぞ!」と言えば、さらに早くなりますね。

7.理想の状態になるのを阻むモノは何ですか?

前ステップで思い描いた理想の状態になるのを阻むモノがあるか、ないかを確認します。

阻むモノがあるならば、まずはそれを取り除くことをします。
阻むモノを取り除くために出来ることは何かを考えて、それを実行してもらいます。

この「阻むモノ」には、心理的に抵抗のあることも含みます。

例えば、理想の状態になるためには、
誰かに何かをお願いしなければならないかもしれません。

でも、
・お願いするのが怖い、恥ずかしい
・どうせお願いしてもやってくれない
と思って、お願いできない、ということがあります。

こういう場合は、心理面へのアプローチをするワークをすることがあります。

8.理想の状態になるためにできることは何ですか?

前ステップで、阻んでいるモノがないと分かったり、阻んでいるものを取り除いたり
できたら、次は理想の状態になるためにできることを考えます。

ここでは、

  • できる/できない
  • やりたい/やりたくない
  • 効果がありそう/なさそう

ということは考えずに、選択肢(アイデア)をたくさん洗い出してもらいます。

選択肢がたくさんあると、後々の心の余裕につながるからです。

選択肢をたくさん洗い出すことができたら、その中から、
現実的で、効果が上がりやすそうな選択肢を選び出します。
このとき、クライアントご本人に対する影響だけでなく、
関係者にとってどんな影響があるかまで考えて選択肢を選びます。

問題解決につながる、現実的で、効果が上がりやすそうな選択肢でも、
それがクライアントご本人や関係者を犠牲にしてしまうようなモノであっては
いけないからです。

しかし、ここで、現実的で、効果が上がりやすそうで、
誰も犠牲にならない良い選択肢があったとしても、
それを行動に移せそうにないことがあります。
物理的な障害や心理的な抵抗がある場合です。

物理的な障害の場合は、それを取り除く方法を考えて、実行します。
心理的な抵抗の場合は、心理面にアプローチをするワークをします。

9.次の面談までに選んだ行動をしてください。

前ステップで、行動に移す選択肢を選び出しました。

次の面談までに、現場でその行動をしていただきます。
ここは、クライアントご本人にしかできないことです。
こちらの記事で、「問題解決の主役はクライントです」と言ったのはこのためです。

そして、現場で行動をすれば、多かれ少なかれ状況が変わります。
次回の面談以降で、新たな状況を起点にして、1から9を繰り返します。

このとき、前のステップで、たくさんの選択肢を洗い出してあれば、
ここで新たに選択肢を考え出さなくても、その中から別の選択肢を選んで実行することが
できるかもしれません。

もしくは、面談のときまでに、1つだけ実行するのではなく、
たくさんの選択肢の中からいくつかを実行に移せるかもしれません。

そうなれば、状況を改善するスピードが上がります。

さて、1から9は、いつまで繰り返すのでしょうか?

それは、

  • 「理想の状況が現実になるまで」

です。

まとめ

状況や場合によって、ステップを飛ばしたり、ステップを追加したり、順番を入れ替えたり、
ということを臨機応変にしていきます。

ですが、基本的には以上のような手順で個別サポート(コーチング)を進めていきます。


★拙著
 「コミュニケーションの仕組み 解説書(自分自身とのコミュニケーション編)」
↓↓ 【発売中】 ↓↓


このサイトを気に入られたら、下記のいずれかの方法で更新情報を受け取ってください。

【RSS購読をする。】
「購読する」をクリックしてください。

ブログをメールで購読

【メール】で更新情報を受け取る。
メールアドレスを記入して「購読する」をクリックしてください。


【Facebook】で更新情報を受け取る。
このページに「いいね!」をクリックしてください。

【ameba】アカウントで更新情報を受け取る。
「読者になる」をクリックしてください。


-01 コーチング