木村正博事務所木村正博事務所

リーダーシップが苦手な「先生と呼ばれる専門職経営者」専門:「コミュニケーション」×「心理学」実践講座

4つの学習タイプ

「4つの学習タイプ」というのを聞いたことがあるでしょうか?

人には、新しいことを習得するのに、何を大事にするか、どのように学んでいくか、
得意な方法があります。

その方法を大別すると4つのタイプに分類できます。
この4つの学習タイプを知っていることは、レクチャーする側にとっても有益なことです。
 
 
その人のタイプに合った情報伝達の仕方でレクチャーを受ければ、
どんどん吸収して上達することができます。

その人のタイプに合わない情報伝達の仕方でレクチャーを受ければ、
なかなか吸収できないということがおきます。
 
 
レクチャーをする側としては、意識していないと、
自分のタイプに沿った情報伝達の仕方しかしません。

レクチャーする相手のタイプが分からない場合には、
4つのタイプの情報伝達の仕方を意識的にしてみて、
相手がどのタイプかを見極めると良いでしょう。
 
 
そして、その後は、そのタイプに合わせた情報伝達の仕方でレクチャーをすることです。

  • 「そんなめんどくさいことしてられないよ。」

と思われるかもしれません。
 
 
もし相手があなたのスタッフならば、
繰り返しいろんなことをレクチャーすることがあるでしょう。

そのたびに、相手がなかなか上達しないことに苛立つのと、
すんなり上達するのと、どちらが良いですか?

スタッフが、苛立つあなたに嫌気を感じるのと、
ストレス無く気持ちよくレクチャーを受けられるとどちらが良いですか?
 
 
相手のタイプを知っておくことは、
長期的にみると効率的なレクチャーができるようになるということです。

そして、職場の雰囲気、人間関係も良好に保てるということに繋がるのです。

ぜひ試してみてください。
 
 
それでも、「めんどくさいよ」という場合は、今後二度と、

  • 「あの人は上達が遅い」
  • 「飲み込みが遅い」

などと評価しないでください。
 
 
コミュニケーションは、伝える側と伝えられる側の双方で成り立つものです。

伝えられる側にすべての責任を押し付けないようにしてくださいね。
 
 
また、複数の人に同時にレクチャーする場合には、
4つのタイプの情報伝達の仕方を満遍なく散りばめると良いでしょう。
 
 
それでは、4つのタイプをみていきましょう。

「なぜ」タイプ

意義や目的を理解してから動くタイプ
それをやる目的や意義に納得したい。
 
納得するまで動き出さない傾向があるので、
モタモタしている印象を受けがち。
 
あれこれと質問してくる(ネガティブなことも)のは、
やらない理由を探しているように感じるが、
実はやりたいという意欲の表れであることが多い。
 
やりたいから、納得したいから、あれこれと質問をするのです。
そもそも、やりたくないことには、質問はしません。
 
だから、納得できれば、自分で考えて行動できるタイプ。

レクチャーするステップをボールと喩えると

これからレクチャーする内容の1ステップを1つのボールと喩えると、

ボールを受け取る前に、そのボールを処理する意義や目的を理解したい。
理解してからでないとボールを受け取りたくない、受け取れない。

「なに」タイプ

データや証拠を見てから動くタイプ
それをやったらどうなるかのデータに納得したい。
 
納得するまで動き出さない傾向があるので、
モタモタしている印象を受けがち。
 
あれこれと質問してくる(ネガティブなことも)のは、
やらない理由を探しているように感じるが、
実はやりたいという意欲の表れであることが多い。
 
やりたいから、納得したいから、あれこれと質問をするのです。
そもそも、やりたくないことには、質問はしません。
 
だから、納得できれば、自分で考えて行動できるタイプ。

レクチャーするステップをボールと喩えると

これからレクチャーする内容の1ステップを1つのボールと喩えると、

ボールを受け取る前に、そのボールを処理するとどうなるのかを理解したい。
理解してからでないとボールを受け取りたくない、受け取れない。

「どうやって」タイプ

手順の全体像を知ってから動くタイプ
それをどのように進めていくかの全体の流れを知りたい。
 
まず、これからやるべきことの全体的な流れを把握したい。
次に、ステップ・バイ・ステップでやり方を知れば、行動できるタイプ。
 
全体の中で、自分が今やっていることが
どの部分に当たるのかを知りたいので、
仮に、作業の一部を任せる場合でも、全体像を伝えた方が良い。
 
それをやる意義や目的、やったらどうなるか、などは
後からで(場合によっては無くても)良い。

レクチャーするステップをボールと喩えると

これからレクチャーする内容の1ステップを1つのボールと喩えると、

まずは、ボールを全部受け取りたい。
それから、1つずつのボールの処理法を知りたい。

1つずつしかボールを受け取れないと、
自分が何をしているのか分からない、いつまで続くのか分からないので、
処理できない。

「今すぐ」タイプ

今すぐ、何をすれば良いかを知って動くタイプ
今、何をすれば良いのかを知りたい。
 
それをやる意義や目的、やったらどうなるか、全体像などが分からずとも、
動けてしまうので、テキパキしている印象を受けるが、
頭を使うのが苦手とも言える。
 
また、あれやこれや情報を提供してしまうと、どうして良いか分からなくなってしまい、
アタフタしてしまいがち。

レクチャーするステップをボールと喩えると

これからレクチャーする内容の1ステップを1つのボールと喩えると、

1つボールを受け取ったら、そのボールを処理してから、次のボールを1つ受け取りたい。
全部のボールを先に受け取ったら、アタフタするだけで、ボールを全部落としてしまう。

ボールを受け取る前に、目的や意義、やったらどうなるかを説明されても、混乱するだけ。

まとめ

以上のように、4つの学習タイプがあります。

自分と同じタイプの人を優秀だと勘違いしてしまいがちですが、
もちろん、4つの学習タイプに優劣の差はありません。
単に、タイプが違うというだけです。

タイプの違いを知って、上手に対処できるようになると、
職場の雰囲気、人間関係を良好に維持できるようになるでしょう。


★拙著
 「コミュニケーションの仕組み 解説書(自分自身とのコミュニケーション編)」
↓↓ 【発売中】 ↓↓


このサイトを気に入られたら、下記のいずれかの方法で更新情報を受け取ってください。

【RSS購読をする。】
「購読する」をクリックしてください。

ブログをメールで購読

【メール】で更新情報を受け取る。
メールアドレスを記入して「購読する」をクリックしてください。


【Facebook】で更新情報を受け取る。
このページに「いいね!」をクリックしてください。

【ameba】アカウントで更新情報を受け取る。
「読者になる」をクリックしてください。


-11 心理学