木村正博事務所木村正博事務所

目標達成や課題クリア、人間関係の改善のためのコミュニケーションと心理の仕組みと活用法とは?

無料メール講座無料メール講座

こんなことを
感じていませんか?

  • なかなか達成できない目標がある。
    達成間近にまではいくが、あと少しが埋まらない。
  • 人間関係(スタッフとの関係、お客様との関係)の問題が繰り返し起きる。
    いつも似たような問題に悩まされている。
  • 望む成果を上げられなくてモヤモヤしている。
    やる気はあるのに、空回りしている感じがする。

それは「思考のクセ」
が原因かもしれません

木村正博

こんにちは、コミュニケーションコーチの木村正博です。
 
クリニックの院長、士業事務所の所長など、
「先生」と呼ばれる専門職経営者様を
心理やコミュニケーションの側面でサポートするお仕事をしています。
 
元々は、システムエンジニア、プロジェクト・マネジャー
をしていました。
 
独立して、心理やコミュニケーションを学び始めると、
どんどんと惹き込まれていきました。
 
学んでいると、つい元職の習性で、心理やコミュニケーションを
システムとして捉えたら、その仕組みはどうなっているのか?
 
というように考えるようになりました。
 
そして日々、心理やコミュニケーションの仕組みを解明し、その仕組みを目的に合わせて活用する方法を
研究しています。
 
日々の観察や研究の中で、次の違いを生んでいるのは何なのか? を考えました。

  • 目標をあっさりと達成する人
  • 次々と目標を達成していく人
  • 目標をなかなか達成できない人
  • 達成できずに諦めてしまう人
  • 問題が起きていないワケではないけれど、いつの間にかクリアして、どんどん進んでいける人
  • 問題に悩まされる人
  • 似たような問題が繰り返し起こって煩わされている人

そして突き止めたのが、これらの違いを生んでいるのは、
その人が持っている「思考のクセ」の違いだということでした。

「思考のクセ」って
何?

「思考のクセ」とは

無意識、無自覚、無条件、反射的、自動的に、同じ判断や選択を繰り返してしまう思考」のことです。
 
「思考のクセ」なんて、自分にはあるのかな? と思った、そこのあなた!
 
「思考のクセ」は誰にでもあります。
 
しかも、1つだけではありません。
あなたは、複数の「思考のクセ」を持っているのです。
ときには、それらが複雑に絡まりあっていることもあるくらいです。

絡まる

ただ、あなたの「思考のクセ」が、
生活やビジネス、目標達成や人間関係、人生全般に
どのような影響を与えているのか、という差はあります。
 
あなたに好影響を与えている「思考のクセ」が多ければ、
何事もスムーズに実現しやすく、生き易さを感じるでしょう。
好影響を与えている「思考のクセ」は大事にした方が良いモノです。
 
あなたに悪影響を与えている「思考のクセ」が多ければ、
生き辛く感じることになるでしょう。
あなたがまだその存在に気づいていない、あなたの人生に大きな悪影響を与えている
「思考のクセ」があったとしたら・・・

 
今すぐにでも矯正したいですよね。

「思考のクセ」が矯正
できると

  • 気分良く仕事に取り組めるようになり、成果も出しやすくなる。
  • 繰り返し発生していた、似たような問題の原因が根治し、発生しなくなる。
  • 本来の仕事に専念・集中できるようになる。

という未来が待っています。

「思考のクセ」
発見&矯正無料メール講座

そこで、「思考のクセ」発見&矯正 無料メール講座をご紹介します。

「思考のクセ」発見&矯正 無料メール講座では、
自分の力で「思考のクセ」を発見・矯正する方法を学んでいただけます。
 
メール講座なので、時間や場所に縛られずに、学ぶことができます。

パソコンとスマホ

有料のサポートプログラムを受ける前に、
まずは無料で、自力で「思考のクセ」の発見・矯正にチャレンジしてみたい
という場合にお薦めです。
 
思い通りの成果を上げるのを阻んでいた「思考のクセ」を自分で発見し、
矯正する方法を身に付けることができれば、
がんばっているのに、なかなか上げられなかった成果を、
楽に、すんなりと上げられるようになります。
 
成果を上げたくて、もがいていた日々とはお別れです。
 
あなた自身も、楽に、自分らしく、お仕事に取り組めるようになるでしょう。
スタッフとの関わり方も変わり、職場の雰囲気が改善するでしょう。
 
また、「思考のクセ」を発見・矯正する方法を一度理解し、自分でできるようになれば、
後からでも、何度でも活用できます。

今は役に立っている「思考のクセ」が、将来邪魔になってしまうことがあったとしても、
そのときにまた対処することができます。

「思考のクセ」を本当に
矯正できるようになるの
か?

「思考のクセ」を矯正するには、まず、その存在を発見することが必要かつ重要です。
発見することができてしまえば、矯正は80%完了したも同然です。
逆に言えば、発見することができなければ、矯正はできません。

寝ぐせ

寝ぐせがあっても、そのことに気付かなければ直すことはできません。
しかし、鏡を見て、気付くことができれば、直すことができます。
それと同じことです。
 
ただ、自分自身で「思考のクセ」を発見するのは、
寝ぐせに気付くほど簡単ではなく、一筋縄ではいきません。
 
なぜなら、「思考のクセ」は、
「無意識、無自覚、無条件、反射的、自動的に、繰り返している思考」だからです。
 
しかし、安心してください。
 
無料のメール講座だからと言って、一切手抜きはいたしません。
 
「問題点をあげつらうだけで、解決策は有料で」とか、
「解決策の肝の部分は隠して、あとは有料で」とか、

そういう中途半端なことはいたしません。
 
元システムエンジニアの知見を動員し、仕組みを解明し、手順をまとめ、
現在コミュニケーション・コーチとして活動している私が、有料のサポートプログラムの中で
実際に使っているノウハウをすべて公開します。

 
このノウハウを身に付けることができれば、ご自身で「思考のクセ」を見つけて、矯正することが
できるようになります。

具体的に、「思考のクセ」発見&矯正 無料メール講座では、

  1. 「思考のクセ」とは?
  2. 「思考のクセ」は3種類
  3. 「思考のクセ」があると?
  4. 「思考のクセ」が出来るメカニズム
  5. 「思考のクセ」の矯正方法
  6. 「思考のクセ」の発見方法

を具体的な事例を数多く紹介しながらお伝えします。

それでも「思考のクセ」を矯正できない場合は?

「思考のクセ」発見&矯正 無料メール講座では、
あなたご自身の力で、「思考のクセ」を発見し、矯正する方法を全力でお伝えするつもりですが、
至らない点もあるでしょう。
 
ですので、無料メール講座内でお伝えしているノウハウに関して、ご不明点や疑問点などがありましたら、
ご質問をお受けしたいと思います。

受信されたメールに返信していただければ、私宛に届きますので、ご質問をお送りください。

メール相談

回答は、同時に登録されるメールマガジンやブログの中でいたします。
 
ただ、メールマガジンもブログも公開の場ですので、
一般的な回答や他の読者様にもお役に立つような形での回答となってしまうことをご了承ください。
 
もし、個別具体的な回答やアドバイスをご希望の場合は、メールサポート(有料サービス)のご利用を
ご検討ください。
 
 
また、無料メール講座でノウハウを知っただけでは、
うまく使いこなせない、できるようにならないということもあるかと思います。
ゴルフなどのスポーツでも、ノウハウは分かっていても、上達できないということがありますよね。
 
さらに、

  • 自力でできるようにならなくても良いから、サポートを受けて早く「思考のクセ」を矯正したい。
  • ノウハウ自体には興味はない、早く状況を改善したい

と望まれる場合もあるでしょう。
 
その場合は、個別サポートプログラム(有料サービス)のご利用をご検討ください。

セッションの様子

この場合でも、サポート中に、どんなことをするのかを、
前もって知っておいていただくため、
共通認識、共通言語を持つために、
無料メール講座を受講することもお願いします。
 
サポートの結果を出すための時間短縮にもつながりますので、
よろしくお願いします。
 
無料メール講座にご登録された直後にお届けするメールには、
私の自己紹介、経歴紹介も記載しております。
それをお読みになって、私の人柄や経歴から相性などを判断してください。
 
翌日以降のメール末尾に、有料サービスの紹介ページのurlを記載してお送ります。
そちらをご参照いただけたら幸いです。

今すぐ、無料で
簡単登録できます。

今、この無料メール講座に登録しないまま、このページを去ってしまったら、
あなたはこの講座の存在を忘れてしまう
ことでしょう。
そうしたら、二度と「思考のクセ」を矯正する方法を知る機会と出会うことはないでしょう。
 
そうならないためにも、今すぐ、下記のボタンをクリックして
次のページ(メール配信サービス登録フォームページ)で

  • ニックネーム
     OR 
    お名前(姓)
  • メールアドレス

の2つだけをご記入の上、登録してください。
 
実際に無料メール講座をお読みになって、本当は必要性があることを確かめてください。
もし、必要性がないと判断された場合は、いつでも簡単に解除できますのでご安心ください。

無料メール講座登録ボタン無料メール講座登録ボタン

それでは、メール講座内でお会いできるのを楽しみにしています。

2018/01/31