木村正博事務所木村正博事務所

目標達成や課題クリア、人間関係の改善のためのコミュニケーションと心理の仕組みと活用法とは?

心理学やコミュニケーションにこだわる理由(1/5)

2017/11/24

心理学やコミュニケーションを学び続けることに、私がこだわる理由を紹介します。
私自身が学び続けることはもちろん、あなたにも学び続けて欲しいと思っています。

そのこころは・・・

パソコンはOSをバージョンアップすると快適になる。

パソコンは、OSをバージョンアップすると快適に動作するようになります。
(最近は、OSが複雑に、大きくなり過ぎてしまって、バージョンアップ当初は動作が
不安定という問題はあるようですが)

快適にパソコンを使い続けるためには、随時OSのバージョンアップをしていくことが
必要です。

私たちの生活や人生において、心理学やコミュニケーションについて学び続けることは、
パソコンのOSを繰り返しバージョンアップしていくのと同じようなことだ
と考えています。

 
 
では、なぜ心理学やコミュニケーションをパソコンのOSに喩えるのでしょうか?

心理学やコミュニケーションはパソコンのOSのようなもの

私たちの生活や人生における、心理学やコミュニケーションは、
パソコンにおける、OSと同じようなものだと、私は考えています。

このように考えるのには、3つの理由があります。

その1つ目の理由は・・・

全ての活動のベースになっている

まずは、図1、図2をご覧ください。

図1は、パソコンにおける、OSと各種アプリケーションの関係を図示したものです。

図2は、私たちの生活や人生における、心理学やコミュニケーションと各種能力の関係を
図示したものです。

パソコンのOSとアプリケーション生活・人生の心理学やコミュニケーションと能力
パソコンのOSとアプリケーション
生活・人生の心理学やコミュニケーションと能力

各種アプリケーションとは、

  • 今、このページを見るために使っている「ブラウザ」だったり、
  • メールのやり取りをするための「メーラー」だったり、
  • 文書作成ソフトだったり、
  • 表計算ソフトだったり、
  • 財務会計ソフトだったり、
  • 画像や動画編集のソフトだったり、
  • ・・・・・、

などのことです。

各種能力とは、

  • 親子関係、兄弟関係、友達関係などの人間関係だったり、
  • 子育てだったり、
  • 家事だったり、
  • 仕事だったり、
  • チームワークだったり、
  • リーダーシップだったり、
  • 自己実現だったり、
  • 各種資格だったり、
  • ・・・・・、

などのことです。

OSの場合

OSがあって初めて、各種アプリケーションが機能します。
OSがなければ、各種アプリケーションは機能できません。

心理学やコミュニケーションの場合

心理学やコミュニケーションがあって初めて、各種能力を発揮することができます。
心理学やコミュニケーションがなければ、各種能力を発揮することはできません。

心理学やコミュニケーションにこだわる理由|学ぶ機会がない続く>>>


  1. 心理学やコミュニケーションにこだわる理由|すべて活動のベース
  2. 心理学やコミュニケーションにこだわる理由|学ぶ機会がない
  3. 心理学やコミュニケーションにこだわる理由|無意識に使っている
  4. 心理学やコミュニケーションにこだわる理由|どこまでも追究できる
  5. 心理学やコミュニケーションにこだわる理由|学び続ける必要性

-92 こだわり